忍者ブログ
購入した物や日々のことなど書こうと思ったら、最近は猫日記になってきました… ~since2013~
なつの訓練22回目

なつの訓練に行って来ました。

今日は室内に入り早々になつのリードを外して自由にさせました。
他の犬たちが寄って来て少々強引に来る子もいて、でも飼い主さんや先生は注意してくれないので逃げれるようにリードを外しました。
リードを外す前は少し警戒していたけど、リードを外すと表情が変わり嬉しそうでした。
なつを育ててくれたトレーナーさんのところに他のスクールに通っていて、犬が強引に寄って来ても注意してくれなくその後凶暴になってしまった子が預かり訓練で預かっていると聞いた事がありました。
強引に寄って来ても誰も助けてくれないと自分で守るため攻撃的な子になってしまう事があるようです。
そんな話しを聞いていたのでリードを外しました。

訓練が始まる前に犬雑誌の取材撮影があり、飼い主と犬たちが並んでの集合写真の撮影がありました。
ぼくはそんなのに写りたくないので断り、先生がなつを横につかせて撮影する事になりました。
なつは先生がお座りの指示をさせお座りの状態で他の犬たちが落ち着くのを待っている状態。
しかし他の犬たちはなかなか落ち着かなく、座って待っているなつにちょっかいを出す犬までいておやつを使ってひたすら落ち着かせようとしていました。
どうもおやつを使っての訓練には疑問です。
そして落ち着かないときはしっかり叱らないと…と、思ってしまいました。
”犬のしつけは子供のしつけに例えると良い”とネットで見た事があります。
ゆとり教育がどんな教育なのかわからないけど、現在通っているスクールはゆとり教育なのでしょうか…
そんな事を思いました。

今日は最初は室内で2匹づつ他の飼い主さんとその犬と一緒に先生の指示で”オスワリ”や”マテ””オイデ”などをおこない、その後近くの海沿いにある公園へ移動してロングリードを使っての訓練をおこないました。
公園へ移動する前に先生から”どうしてもおやつを使うのは嫌ですか?”と言われ断固拒否しました。
どうやら先生はなつがつまらなそうに訓練を受けているように感じ、もっと喜んでテンションを上げておこなって欲しいと思っているようです。
でもおやつをあげて喜ばれてもそれはちょっと違うと思うんだけど…
今までなつのテンションを上げる時は”誉める”と”遊んであげる”でテンションを上げながら訓練してきました。

公園へ移動して先生が用意したロングリード(5mくらい)に繋ぎ室内と同じように”オスワリ””マテ””オイデ”などをおこないなつは問題なくできました。

先生がご褒美でおもちゃで遊んであげてくださいと言うので、いつものようにおもちゃを取り出すとなつのテンションが上がり嬉しそうにはしゃいでいました。
そんななつの様子を見て先生は”じゅうぶんご褒美として機能していますね”と、驚きながら言ってくれたので、今後はおやつの事は言わないでくれると良いけど…
なつを育ててくれたトレーナーの先生から遊んで良い時とダメな時のオンとオフをしっかりしてメリハリをつけて訓練するようにずっと言われていました。
遊んで良い時とダメな時の区別はしっかりさせてきたつもりなので、なつはその通り動いてくれていると思うので、それを知らない人が見るとテンションが下がってつまらなそうに見えてしまうのでしょうか。

前回の訓練の時は先生から今までなつを何分くらい”マテ”をさせた事があるか聞かれたので40分くらいと答えると驚かれました。
初めての訓練の時は”やはりおやつを使った方が…”と言われ、おやつを使わない訓練はかなり高度で難しい訓練だと言われました。
現在通っているスクールに通うたびになつを育ててくれたトレーナーさんの凄さに気がつきます。
色んな訓練の仕方があると思うので、良いところをしっかりと吸収していこうと思います。

拍手[1回]

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9
11 12 14 15 16 17
19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30 31
動画

gonta007 上の
最新コメント

[01/01 EJsox]
[06/18 みぃ]
[06/16 みぃ]
[06/06 みぃ]
[04/08 みぃ]
プロフィール

HN:
ごん太
性別:
男性
趣味:
登山&アウトドア、音楽、写真、昼寝
自己紹介:
気が付いたら猫が9匹住み着いてます。
2013年2月からブログ始めました。
それ以前の日付の記事は過去に遡って記録のため書きました。
ほとんど買い物したメモ代りのブログになると思います…
バーコード

カウンタ

ブログ内検索

P R