忍者ブログ
購入した物や日々のことなど書こうと思ったら、最近は猫日記になってきました… ~since2013~
2017年今年の一枚 ~クロ太~

目つきが怖いクロ太。
庭に住み着いた最初の頃はパンダくんと二匹で縄張りを守っていたけど、パンダくんが骨盤骨折で保護してから一匹で守ってました。
そんな経験からなのかクロ太は目つきが鋭くてちょっと怖いです。
でもとっても可愛い表情が撮れました。

レンズ:EF135mm F2L USM
絞り値:f/2.8
露出時間:1/125秒
ISO:400
露出補正:-2/3
焦点距離:135mm

黒い被写体は露出が難しいです。
たいていのカメラは被写体が黒いと暗いと判断して露出を明るくしてしまいます。
そうなるとちょっと明るめの黒色になってせっかくの黒い柄が台無しになってしまうので露出補正はマイナスに設定。
黒色は露出のポイントも難しいです。
以前は2年続けて冬に風邪をひいてしまいました。
クロ太はワクチン接種をしてこなかったので風邪をひくと重症化するのでちょっとでも様子がおかしいと思ったらすぐ診察へ連れて行くように気をつけてます。
クロ太ももうおじいちゃんになりました。
以前のような威勢の良さはなくなりかなり丸っこくなりました。

拍手[1回]

PR
通院 クロ太

一昨日から鼻水とクシャミを連発するようになったので通院。
軽い猫風邪のようです。
クロ太は過去冬になると高熱が出て入院する事が続いた事がありました。
その時は瞬膜がでて明らかに表情も悪かったけど、今回は瞬膜はでる事がなく、食欲もそこそこありました。
薬を処方してもらい帰宅。
来週7日にクロ太の歯石取り&抜歯の予約を入れてきました。
血液検査と胸のエコー検査をおこなって、問題がなければそのまま入院して処置してもらいます。
血液検査でひっかかりそうな予感…

・体重
 5.88kg
・診療代
 2,710円
 明細
 再診料 540円
 内服薬7日分 2,170円

待合室での様子。

拍手[1回]

通院 クロ太

昨夜寝ていると思ったら急に”ギャー!”と鳴いて口を気にしてました。
クロ太もパンダくんと同じで歯周病&歯肉炎です。
パンダくんと同じで4年くらい前に歯石取りと抜歯をしてもらいましたが、最近悪くなってきたのでパンダくんが終わったらクロ太を診てもらおうと思っていたところでした。
顎が少し腫れてました…
クロ太も歯は弱い体質なんですね。

歯肉炎がひどくなっているようで、とりあえずはこれが落ち着くまで様子見になりました。
注射と飲み薬をもらって帰宅。
クロ太はパンダくんと比べるとまだ歯はしっかりしているようで、抜くのが大変で一回では抜く事はできないようです。
2回に分けておこなうとなると、2回も全身麻酔しないとならないので怖いです…
ちなみにうちの父が心筋梗塞で倒れ、緊急の手術が必要で全身麻酔したところそのまま心肺停止になり意識が戻らなく亡くなりました。
以前から全身麻酔は怖いと言うのは聞いていたけど、実際に経験してその怖さを実感しました。

今日病院でビックリした事実が判明。
クロ太がひょっこり現れたのは2007年だと思ったら、病院のカルテに2005年に診察した履歴が残っていたので2007年ではなく2005年でした。
って言う事は、クロ太は12才以上だったんですね…
たぶん初めて庭に現れた時は1才以上なので、年齢は最低でも13才と言う事になります。
パンダくんも同じ頃に現れたのでパンダくんも13才以上だったんですね…

・体重
 5.88kg
・診療代
 3,510円
 明細
 再診料 540円
 注射料(ステロイド)1,080円
 内服薬 270円 7日分 1,890円

クロ太もおじいさんです。

拍手[2回]

クロ太

昨夜草木も眠る丑三つ時、喘息のような咳をする音で目が覚めました。
隣にある猫の部屋から聞こえているので様子を見に行くと、クロ太が咳をしてました。
クロ太はまだ外で暮らしている時に病院で診察を受けた事があり、心音に雑音があると言われました。
レントゲンでは異常は見られなかったけど、保護してからほぼ毎年冬になると高熱を出して入院する事があったりしました。
昨年と今年は今のところ熱がでる事はないけど、そんな事があったのでちょっと心配。
ケージ内で咳をしているクロ太にケージの扉を開けて
『大丈夫か?』
などと声をかけながら背中などを擦ってました。
ちなみにクロ太は耳が聞こえません。
耳が聞こえないとわかっていながらもいつも声をかけてしまいます。
それと時々骨伝導で音が伝わるかも?などと思って、クロ太の耳の後ろ辺りに口をつけて
『クロ太~!』
などと話しかけてます。
伝わっているのかは不明です…

そんな咳をしていたクロ太の咳がおさまったので
『大丈夫か?』
『苦しかったね~吐いたりしない?』
などと声をかけながら頭を撫でていたら
『ありがとう』
とでも言っているかのように、穏やかな表情でケージの柵の間から手を伸ばしてぼくの顔を撫でてくれました。

クロ太は初めて庭に現れた時から膝に乗ったりなどしてとても懐っこかったので、どこかで飼われて捨てられたのかもしれません。
同時に現れたパンダくんはあまり懐っこくはなかったけど去勢手術をしてありました。
クロ太も高齢になってきたので、病気せず穏やかに過ごして欲しいです。

庭を縄張りにして守っていただけの事があり、いまだに目つきが鋭いけど、これでもだいぶ穏やかな目つきになりました。
クロ太はヒゲが立派です。

拍手[2回]

丸くなったクロ太

2007年にパンダくんとともにひょっこりあらわれ庭に住み着き、見かけない猫が来ると喧嘩して縄張りを守っていました。
一度本気の喧嘩をしているところを目撃した事があり、もの凄い闘争心で相手の猫はたまらずに退散していきました。
外で生きて行く厳しさを目の当たりにして、そんな姿を見てクロ太には一目をおくようになりました。
家の建て替えにともない仮住まい先へクロ太も連れて行き、それ以来家猫として飼う事になり外へは出さなくなりました。

庭に住んでいた時に何回か家の中に入ったりした事もあり、その度に先住猫のちーちゃんやユキちゃん、茶々、茶太郎たちに喧嘩を吹っかけていたため、先住猫はクロ太の事を嫌いとても嫌がりました。

そんなクロ太も現在では昔のような勇ましさはなく喧嘩を吹っかける事もなくなりました。
そんな穏やかになったクロ太に最近は茶太郎が喧嘩を吹っかけるようになりました。
でも喧嘩と言ってもちょっと小突くくらいの可愛いものだけど、ビビリの茶太郎にはかなり勇気のいる行動かなと思います。
クロ太は小突かれると”シャー!”と威嚇するくらいでやり返したりしないので、ぼくが茶太郎を怒るようにしています。
モンチたちはクロ太が勇ましかった頃を知らないので、最初の頃は”遊ぼう!”とクロ太にちょっかいを出し、クロ太も嬉しいようで遊んであげたりしたけど、クロ太は遊び方を知らないようで少々しつこい感じにするのでモンチたちは嫌がり、最近ではクロ太にあまり近寄らなくなってしまいました。
なつが横になっていると時々なつを枕にして寝たり、なつの懐に入って一緒に寝たりしています。
外で生活していた時に一度子猫を連れて来た事(記事参照)があるので優しいところもあるんですよね。
そんなクロ太の年齢も10才以上なので高齢な年齢になりました。
耳が聞こえなく不自由な事もあると思うけど、いつまでも元気でいて欲しいです。

拍手[3回]

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
動画

gonta007 上の
最新コメント

[01/01 EJsox]
[06/18 みぃ]
[06/16 みぃ]
[06/06 みぃ]
[04/08 みぃ]
プロフィール

HN:
ごん太
性別:
男性
趣味:
登山&アウトドア、音楽、写真、昼寝
自己紹介:
気が付いたら猫が9匹住み着いてます。
2013年2月からブログ始めました。
それ以前の日付の記事は過去に遡って記録のため書きました。
ほとんど買い物したメモ代りのブログになると思います…
バーコード

カウンタ

ブログ内検索

P R