忍者ブログ
購入した物や日々のことなど書こうと思ったら、最近は猫日記になってきました… ~since2013~
猫小屋

今冬は冷えが厳しかったです。
こちらの地域で最低気温が氷点下になるのは珍しいのに今冬は何回も記録しました。
庭でご飯をあげている外猫が二匹います。
モンチたちやクロ太、パンダくんも元々は庭でご飯をあげていた外猫でした。
今冬は寒さが厳しいので可哀想と思って庭にビニール袋で覆った段ボールで小屋を作り、その中に敷物と湯たんぽを入れて寒さをしのいでもらってました。
先週春の嵐が訪れ暴風雨の天気になり、ビニール袋で覆っていた段ボール箱は濡れてフニャフニャになり倒壊してしまいました。
再度新しい段ボールを用意してまたそこで寝てもらってます。
でも近年は異常気象で尋常じゃない雨の降り方をするので、今後の事も考えしっかりした小屋を用意することにしました。
以前クロ太が庭に住んでいた時に使っていた犬小屋があるのでそれを利用しようかと思ったけど、年月も経ったりおんぢくんが外にいた時にマーキングし放題だったりで汚れがひどいので新調することに。
でもあからさまに犬小屋を置いたりすると周囲の目もあるのであまり小屋とわからない物が良いなと思ってネットで探したところ、ほぼドンピシャの物が見つかり、改良してもらえるか電話で問い合わせして注文しました。
大工さんが作ってくれるので品質は間違いないと思われます。
今から到着が楽しみ!
でも今年は小遣いないのにさらに懐が淋しくなります…(泣)

現在の小屋。
今日もこちらは雨でこれから強く降るようなのでちょいと心配。


こちらが小屋の住猫。
右がメス猫のミケ、左の子はオス猫のたぬきで避妊去勢済み。
たぬきはおんぢくん大好きだったので、おんぢくんを保護してからしばらくはおんぢくんを探してずっと鳴いてました。
もしかしたらたぬきも猫エイズかもしれません。
たぬきもおんぢくんと同じように猫風邪がひどかったけど、投薬が効いたようで今では元気そうに過ごしてる。

拍手[2回]

PR
二代目おんぢくん

庭に風貌がワイルドな猫が現れると『おんぢくん』と命名しています。
猫エイズに感染して保護したおんぢくんは四代目のおんぢくんになります。

写真の猫は二代目おんぢくん。
9年前の今日1月10日に撮影した写真です。

午後になるとご飯ちょうだいとやってきて、夕方になるまで庭で寛ぐ生活が続いてました。
ある日二週間くらい姿を見せなくなり、どうしたんだろうと心配していました。
当時自分の寝室は猫4匹に占領され、寝る時は物置部屋で寝てました。
寝ていると
『ズーハー、ズーハー』
と、鼻気管炎(猫風邪)になった猫特有の息遣いが聞こえてきました。
当時飼い猫だったカト吉が部屋にでも入って来たと思い
『カトキチ~?カトくん?』
呼んでも返事がありません。
カト吉は鼻気管炎じゃないしなぁ… そんな事を思いながら起きて部屋の灯りを点けました。
それでも『ズーハー、ズーハー…』と呼吸音が聞こえます。
何だろう…と思い、部屋の奥から聞こえてそうなので、段ボール箱や置いてある荷物を片付けて奥へ行こうと思った時に、もしかしておんぢくん?と思った。
おんぢくんは鼻気管炎で庭にいる時はいつもズーハーズーハーと息遣いが聞こえてました。
『おんぢくん!』
声をかけるとズーハーズーハー聞こえていた音がピタッと止まるので、おんぢくんが部屋の中になんでいるの?
ビックリして部屋の荷物をどけて部屋の奥の方へ行ってもおんぢくんはいませんでした。
おかしいなぁ…
ヘンだなぁ…
そんな事がありそのまま寝ました。

次の朝、近所の方から
『幼稚園で猫狩りをやっているようだけど、お宅の猫は大丈夫か?』
と、電話がありました。
ビックリして幼稚園へ電話。
園長はあっさり認め、二週間くらい前から猫狩りをやっていると言っていた。
すぐ動物指導センター(殺処分場)へ電話したけど、該当する猫はいなくすでに処分されたようでした。

おんぢくんは幼稚園の猫狩りに遭って殺されたので庭に現れなくなったようです。
昨夜聞こえてきた息遣いはお別れを言いにやってきた、そう思う事にしました。

幼稚園に猫狩りの事実関係を電話した時は匿名で電話し、後日園長に会った時に猫狩りの話しをしたら
『そんな事やってませんよ』
と言い、平気で嘘を言っていた。
この幼稚園の園長は他にも平気で嘘を言います。
さらに恐ろしい事に、この幼稚園のブログを読むと猫狩りをやっていた期間に動物指導センターへ遠足へ行き、動物と触れ合って命の大切さを学んできましたと書いてありました…

うちのすぐ裏にこの幼稚園があり、騒音、送迎渋滞、園長&職員&保護者の不法侵入、我が家の駐車場へ保護者が勝手に車を駐車して車が置けない、我が家の敷地内での保護者の立ち小便、異臭、しつけのなってない保護者などなど、ご近所だと思ってずっと我慢してきたがあまりにもひどいので園長を説教した事がありました。
説教しても聞く耳持たず、のちに数件の家から苦情があり少し対処。
声を大にしないと対処しないので、一度たまたまいた職員(保育士)を呼びつけて苦情を言ったら職員は泣き出す始末…
保育園不足などとあるけど、ハッキリ言って周辺住民に配慮しない幼稚園は公害の何ものでもないです。
こんな幼稚園はいらない。

拍手[2回]

三ちゃん

海男を里親さんにお渡ししてしばらくしてから、なつの散歩中に海男の里親さんを紹介してくれた同級生のお母さんに会いました。

毎日同じ場所で会う脚が不自由なノラ猫を飼う事にしたと言い、脚が悪いようで不憫に思っていたところ、ぼくが海男を保護して育てている事を知り自分も飼おうと思ったようです。
嬉しい事ですね。
でもそのお宅ではすでに猫がいるので、先住猫とうまくやっていけるのか心配なのと、脚が不自由なので家と先住猫に慣れるまでケージで過ごさせようと考えているようで、どんなケージが良いのか聞かれたりして、捕獲できるように頑張ると言ってました。

先日またまたバッタリ会ったらまだ捕獲できていなく、一度捕獲に失敗してから警戒して近づかなくなってしまったと言ってました。
警戒されちゃうとその後の捕獲が大変です…

我が家でも、海男を保護してしばらくすると見た事のない猫が時々庭に現れるようになりました。
その猫は皮膚がただれていてかなりひどい状態…
我が家の庭はノラ猫のおんぢくんが縄張りにしているので、おんぢくんがどんな判断をするのか気になっていました。
それからしばらくすると毎日のように現れ、おんぢくんと一緒にいるようになったのでおんぢくんは受け入れたようです。
おんぢくんは優しい子です。
そんな事で毎日現れるようになったので、病院へ連れて行きただれている皮膚をなんとかしてあげたいと思い捕獲作戦を決行しました。
しかし警戒して捕まえる事ができません…
そんな事で捕獲器を購入。
早速捕獲器を設置するとたぬきと呼んでいる違う猫がかかってしまい、ついでだったので去勢手術をしました。
その後も捕獲器を設置しても、捕獲器がどんな物なのか知っているようでまったくかかってくれません…
こうなるともうお手上げ状態なので、毎日会うと声をかけるようにして懐かせて手掴みする事にしました。
手掴みでかじられてもいいように腕まで覆う革製の手袋も購入。
現在は手を顔の前に出しても逃げなくなるくらいには慣れてくれました。
これからどんどん暑くなり湿度も上がるので、皮膚がひどい状態だと身体もしんどそうです。
早く慣れるようにと名前を三ちゃん(さんちゃん)と命名。
我が家の住所が三丁目なので三ちゃんにしました。
毎日会うと”さんちゃ~ん!”と声をかけるようにしています。

6月25日に撮影、現在は痒くてかきむしったのか首の辺りが常に血が出ている感じです。
獣医には写真を見せて捕獲できたらしばらく入院&治療をお願いしてあり、獣医の診立てでは疥癬(カイセン)なのでは?とのこと。
早く保護できると良いけど…
獣医からは最後の手段はタモを貸してくれると言ってくれているけど、できればタモは使いたくないです。

左から三ちゃん、おんぢくん、たぬき。
三ちゃんは皮膚がただれて見た目は悪いけどみんなと同じ猫です。
心無い人間にいじめられたりしないか心配です。
動物は見た目なんか気にしないんですよね…

おんぢくんは家にいるモンチとたまとゴンの父ちゃん。
捕獲して去勢済、その後歯槽膿漏で入院&手術。
入院している間に人慣れして抱っこできるようになりました。
おんぢくんは現れた時から顎の骨が折れており、顎がずれているので噛み合わせがかなり悪いです。
おんぢくんは触れるのでフロントラインプラスをしています。
風貌がちょっといかついので、なつはおんぢくんをちょっと怖がります。

たぬきはおんぢくんの事が大好きなようでいつも一緒にいます。
先日捕獲器にかかり去勢手術をしました。
三ちゃんはおんぢくんとたぬきにすんなり受け入れてもらったので性格は良い子だと思います。
外で暮らしている猫たちも必死に生きています。

拍手[2回]

たぬきお迎え

昨日去勢手術がおこなわれ、夕方様子を聞こうと病院へ電話。
無事終わって麻酔からも覚めたと言われ一安心。
そんな事で今日の午前中に迎えに行って来ました。
帰宅して庭で放すと腰をかがめて低姿勢のまま走り去って行きました。
たぬきはおんぢくんと一緒に庭で過ごす事が多く、ぼくの事を信用していたと思うので、怖い思いをさせてしまい申し訳なく思います。
本命の細い子を保護したらしばらく入院させて欲しいとお願いしておきました。

・診療代
 7,450円
 明細
 【外猫】去勢手術(耳カット)5,400円
 猫 ブロードライン0.9ml 2,050円

怖かったね…

拍手[2回]

たぬき捕獲

細い子を捕獲しようと設置している捕獲器に”たぬき”と呼んでいる子がかかりました。
たぬきは男の子でまだ去勢していないのでそのまま病院へ連れて行き去勢手術をお願いしました。
たぬきはおんぢくんと仲が良く、冬の間はよくおんぢくんと一緒に身体を寄せ合って寝ています。
おんぢくんは撫でられるのが好きになり抱っこもできるようになったけど、たぬきは近づく事はできるけど触らせてくれないので去勢手術はしていませんでした。
庭に来る子で手術をしていない子はトラ吉と細い子だけになります。
本命の細い子はいつ捕まえる事ができるでしょうか…

拍手[2回]

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
動画

gonta007 上の
最新コメント

[01/01 EJsox]
[06/18 みぃ]
[06/16 みぃ]
[06/06 みぃ]
[04/08 みぃ]
プロフィール

HN:
ごん太
性別:
男性
趣味:
登山&アウトドア、音楽、写真、昼寝
自己紹介:
気が付いたら猫が9匹住み着いてます。
2013年2月からブログ始めました。
それ以前の日付の記事は過去に遡って記録のため書きました。
ほとんど買い物したメモ代りのブログになると思います…
バーコード

カウンタ

ブログ内検索

P R