忍者ブログ
購入した物や日々のことなど書こうと思ったら、最近は猫日記になってきました… ~since2013~
おんぢくん一年経過

猫エイズに感染している事が判明して家に迎えて一年が経過しました。
保護してからは他の猫と接触させないようにずっとぼくの寝室に設置してあるケージで暮らしてます。
ケージ内だけだと可哀相なので、寝室にいる時はできるだけケージから出してあげてます。
ケージから出すと陽が当たっている時はベランダの掃き出し窓で日向ぼっこしたり、ベッドの上で寝たりしてます。
できればケージから出して部屋内を自由にさせてあげたいけど、爪とぎ攻撃とスプレー攻撃(マーキング)されると大変なので、ぼくがいる時だけ出すようにしてます。
今のところケージから出している時にマーキングした事はないけど、いつ始まるのかわからないし、のら猫時代にあちこちにマーキングしているのを目撃しているのでマーキングする可能性は高いです。
ちなみにのら時代に去勢手術したけど去勢手術後もしてました。
それとケージから出している時にケージ内に置いてあるトイレに入ってオシッコなどをした事がないので、部屋の中でオシッコをされても困るので自由にさせてません。
爪とぎは今のところ絨毯にしてます。
一度スピーカーのネットでした事があったので注意しました。

寝る時は30分から1時間くらい一緒にベッドに入って腕枕して寝てます。
いつも寝る前に録画してある番組を寝ながら見ているのでその時間一緒に寝てます。
この時間をおんぢくんはとっても楽しみにしているようで、寝支度を始めるとベッドの上に乗ってゴロンして一緒に寝ようと催促してきます。
おんぢくんが来る前は録画番組を見ている途中で眠くなるとすぐにテレビを消して寝ていたけど、一緒に寝るのを楽しみにしているようなので、最低でも30分は眠くても我慢して起きているようにしてます。
そんな事で寝不足気味です…
おんぢくんがお利口なのは、最終的に寝る時はケージで寝るというのを理解してくれていて、時々30分くらいするとムクッと起き出して自分からケージに入ってくれます。
これってすっごく助かります。
寝ているところを起こしてケージに入れるのがとっても心苦しく思っているので、自分からケージに移動して寝てくれると助かります。
それともう眠くて限界だという時は
『おんぢくん、ゴメンもう寝るから』
と声をかけると、起きてケージへ移動してくれます。
声をかけるのが心苦しいけどちゃんと理解してくれていて助かります。

以前一緒に暮らしていた子猫の海男もケージで寝る事を理解してくれていたので、生き物にサンキューの取材時に里親さんのおばあちゃんに会った時に、寝る時は自分からケージに入ってくれてとってもお利口な子で、ちゃんと躾けてもらって助かると言ってました。
あの子は特別にお利口で、就寝中一度もケージから”出せ!”と鳴いて騒いだことがなく、朝までおとなしく寝てくれてました。
おんぢくんもそんなに騒ぐことはなく、たまに鳴いたりはするけど”うるさいよ~!”と注意するとおとなしくしてくれるので、保護してからうるさくて眠れないという事はなかったです。

見かけはちょっといかついけど性格もとっても良くて優しいです。
たぶん他の猫と一緒にさせても喧嘩を吹っかけるような事はしないと思われすぐに馴染んでくれそうです。
とっても甘えん坊で懐っこいので、できれば猫がいない家で暮らしたらとっても幸せに暮らせそうなんだけどなぁ…といつも思います。
慢性的な猫風邪でクシャミがひどくて鼻血も飛び散るし、顎の骨は折れて噛み合わせが悪くて口はいつも半開き状態なので、里親さんは見つからないと思われます…

エイズが発症する可能性があるので今後どうなるかわからないけど、できるだけ穏やかに過ごせるようにと毎日思ってます。

時々なつとこんな感じで一緒に寝てます。

拍手[3回]

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
動画

gonta007 上の
最新コメント

[01/01 EJsox]
[06/18 みぃ]
[06/16 みぃ]
[06/06 みぃ]
[04/08 みぃ]
プロフィール

HN:
ごん太
性別:
男性
趣味:
登山&アウトドア、音楽、写真、昼寝
自己紹介:
気が付いたら猫が9匹住み着いてます。
2013年2月からブログ始めました。
それ以前の日付の記事は過去に遡って記録のため書きました。
ほとんど買い物したメモ代りのブログになると思います…
バーコード

カウンタ

ブログ内検索

P R