忍者ブログ
購入した物や日々のことなど書こうと思ったら、最近は猫日記になってきました… ~since2013~
通院 パンダくん

前回通院して点滴してもらっても食欲がまったくない状態なので朝一で通院。

前回通院した時に吐き止めの注射を打ってもらい、それから吐かなかったけど、昨夜寝る前に様子を見に行ったら吐いてあり、今朝も起床時に吐いてありました。
食べないのでうんこはもう4日以上でていなく、オシッコも朝の時点で24時間していないので、このままオシッコが出ないと身体に毒素が溜まってしまうので血液検査を実施。
異常な数値は見られずでした。
念のため身体に炎症がないか調べてもらうため、外部委託の血液検査をお願いしました。
結果が出るまで一週間近くかかるので、それまでにケロっと治ると検査が無駄になるけど、今の状態の食欲不振は何が原因なのかわからないのでお願いしました。
肥大性心筋症の場合、輸液の量を多く入れられないようで今回も少しの量を入れてもらいました。
少しは脱水状態が改善されるといいけど…
吐き止めの注射は様子をみたいと言う事で注射はせずで、猫風邪用に打った注射の薬とは別の薬と流動食をもらって帰宅。

午後パンダくんが落ち着いたので流動食をシリンジで10ccあげてみたところ、30分後くらいに全部吐いてしまい、最後は胃液しかでない状態…

そんな事で午後の診察が始まるのを待って再度通院。(診察は15時から)
もっと他の角度から診てもらうため、お腹のエコー検査をしてもらったところ
・肝臓がやや白っぽく見える状態
・腎臓の形が不整(腫瘍にも見える部分があるけど血液検査は正常値なので問題なさそう)
以上の異常がみられました。
上記の説明をわかりやすく説明してくれ、どんな状態になるのか理解できたけど、これを他の人に説明するのは無理な感じ。

とりあえず現在考えられるのは
・肥大性心筋症の薬の副作用が続いている(過去副作用が半月から一ヶ月続いたケースがあるようです)
・副作用で体力が落ちている時にクロ太の猫風邪がうつった
・肝臓がやや白っぽく見える状態
・腎臓の形が不整
以上の事が現在わかり、それに対処する処置をパンダくんの様子をみながらおこなう。
ただし、まずは食べ物を与えても吐かない状態にして、できるだけ体力をつけるのが優先になり吐き気止めの注射を打ってもらい帰宅しました。

もしこの吐き気止めを打ったのに、流動食を与えても吐くようなら入院になります。
夜の8時過ぎに流動食を与えるように言われたので先ほど与えました。
午後流動食を与えた時は与えてから30分後くらいに吐いたので、1時間しても吐かなければ大丈夫かな…と、思ってます。

・体重
 4.6kg
・診療代(午前)
 8,350円
 明細
 再診料 540円
 皮下点滴 1,620円
 血液検査腎臓セット(CBC+BUN・Cre)2,160円
 外注検査(SAA)2,850円
 サプリメント 100円
 クリティカルリキッド200ml 1,080円

・診療代(午後)
 6,260円
 明細
 再診料 540円
 注射料(吐き気止め)1,620円
 エコー検査(腹部)4,100円

拍手[1回]

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
動画

gonta007 上の
最新コメント

[01/01 EJsox]
[06/18 みぃ]
[06/16 みぃ]
[06/06 みぃ]
[04/08 みぃ]
プロフィール

HN:
ごん太
性別:
男性
趣味:
登山&アウトドア、音楽、写真、昼寝
自己紹介:
気が付いたら猫が9匹住み着いてます。
2013年2月からブログ始めました。
それ以前の日付の記事は過去に遡って記録のため書きました。
ほとんど買い物したメモ代りのブログになると思います…
バーコード

カウンタ

ブログ内検索

P R