忍者ブログ
購入した物や日々のことなど書こうと思ったら、最近は猫日記になってきました… ~since2013~
パンダくん

パンダくんは2007年にクロと一緒にひょっこり庭に現れ、その後クロと共に庭に住み着きました。
2008年の8月に庭で痙攣を起こして倒れているのを発見。
推測で交通事故で頭でも打って脳震とうでも起こしていたようで、病院へ連れて行ったが覚悟するように先生に言われた。
その後治ったようで問題なくまた庭で過ごし、2009年11月に雨の中駐車場で動けなくなっているのを発見。
推測で交通事故で腰を骨折したようで、二度あることは三度ありそうなので退院後は家に入れる事にした。

退院してもまだ完全には治ったわけではなくまだ歩けない状態なので、先住猫にいじめられる可能性があるので物置部屋にケージを置いてそこで静養してもらう事にしました。
ずっと一人ぼっちは可愛そうなので寝る時はぼくも物置部屋で寝る事にしたけど、慣れない所にいきなり連れて来られたので、鳴き叫んで眠れないと思ったらビックリするくらい大人しくて少し歩けるくらいになった時は首輪に紐を付けてケージから出して、紐をぼくの手首に巻いて一緒に寝る事にした。
その後順調に回復して歩けるようになってからも他の猫に会うのが嫌なようで部屋から出ようとせず、日中は部屋の奥へ入ってずっと寝ていて、夜ぼくが寝るために部屋に入ると奥からゴソゴソと出てきて一緒に寝る生活が続きました。
寝る前に必ずブラッシングをしていて、ブラッシングしながら撫で撫ですると気持ちがいいのかよだれがダラダラでてきて最初の頃はビックリした。
今でもブラッシングをすると時々よだれが出ます。

家を建て替えるため仮住まい先へ引っ越しになり、この機会に先住猫と一緒に生活してもらおうと思い仮住まい先の二階にちょっとした広さのホールがあったので、そこを囲って猫専用の部屋にして一緒に生活してもらいました。

先住猫のユキがとにかくパンダくんに厳しくすぐに喧嘩を吹っかけその度に耐えていたけど、もう我慢ならん!と言った感じで時々は反撃もしていました。
それでもパンダくんは先住猫にとても気を遣い、常に一歩下がって行動していました。
ただ仮住まい先に現れたおんぢくんにはかなり敵意を示し、おんぢくんが現れるとガラス越しに断末魔の悲鳴のような鳴き声で威嚇していました。

家が完成して新居に引っ越ししても気を遣うのは変わらず、パンダくんは猫の部屋のベランダでゴロゴロするのが好きで、ぼくが猫の部屋に入るとベランダに出る掃き出し窓の前に座り開くのを待ったりしました。
その後先住猫もベランダでゴロゴロしだすと途端にベランダに出なくなり、ここでも気を遣って遠慮しちゃっています。
それと他の子が喧嘩していると仲裁します。
威嚇し合っていると、必ずその間に入ってお互いを見ながら”ニャーニャー”鳴いて、『喧嘩するのはやめなよ!』って感じで仲裁しています。

そんな気遣いのできるパンダくんだけど、唯一困ったのはスプレー行為で、時々家のあちこちにおしっこを引っかけます。
先住猫に遠慮しているフリをして、実は家中を自分の臭いで満たそうと企んでいるのかどうなのか…?
1月に新居に引っ越してからリビングのカーテンはもう4回も洗っています…
全てパンダくんの仕業か解らないけど、パンダくんがあちこちでスプレーしているのをかなりの回数見かけてます。

スプレーがなければとってもいい子なんだけど…と思ったりするけど、パンダくんなりに色々と苦労しているので、ある程度落ち着くまでしょうがないですね。
スプレーを見かけた時、
”小便小僧!”
と怒ると、茶太郎も一緒に逃げます。
茶太郎も小便小僧のようです…

写真は仮住まい先で外猫がご飯を食べに来ているのを眺めているところ。
プロフィールの写真もその時の写真で、外猫にちょっと警戒している顔が可愛いです。

拍手[1回]

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 7 8 9
11 12 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
動画

gonta007 上の
最新コメント

[01/01 EJsox]
[06/18 みぃ]
[06/16 みぃ]
[06/06 みぃ]
[04/08 みぃ]
プロフィール

HN:
ごん太
性別:
男性
趣味:
登山&アウトドア、音楽、写真、昼寝
自己紹介:
気が付いたら猫が9匹住み着いてます。
2013年2月からブログ始めました。
それ以前の日付の記事は過去に遡って記録のため書きました。
ほとんど買い物したメモ代りのブログになると思います…
バーコード

カウンタ

ブログ内検索

P R