忍者ブログ
購入した物や日々のことなど書こうと思ったら、最近は猫日記になってきました… ~since2013~
ゴン

たまとモンチはだいぶ懐いてくれました。
ケージの扉を開けると待ってました!と言った感じですぐにケージから出てきます。
ブラッシングをするブラシを持って”ここへおいで”と言った感じで床をブラシで”トントン♪”と叩くとモンチとたまは叩いたところへ来て”ブラッシングをお願い!”と言った感じでお腹を出してゴロンします。

そんなモンチとたまだけど、ゴンだけはケージから出て来ません。
ケージから出て来る時は、PCをしたりして猫に気持ちが向っていない時を見計らってケージから出てきます。
まだぼくの事を警戒しているようです。
触る時も身体を緊張させます。
早くモンチやたまのように接してくれたら嬉しいけど、強引にケージから出したり撫でたりすると恐怖心を植え付ける事になってしまうので無理にできません。

以前いたムーニャンは高齢になるまでほとんど外で暮らしていたので触られるのが嫌いで、お腹を出してゴロンなどした事がありませんでした。
ただブラッシングは好きで、ブラシを持つと”お願いします♪”と言った感じで目の前に座ったりしました。
それと母猫だったミャーちゃんが亡くなったあと淋しかったのかぼくの横に来て座るので、嫌がると思ったけど背中を撫でてみたところ嫌がりもせず30分くらいずっと撫でていました。
それ以来よくぼくの横に来たのでその時は撫でたりしました。

ゴンも里親へ出したいと思っているので、できればモンチやたまのように触られるのが大好きになってもらいたいです。
このままだと触られるのが苦痛な子になってしまいそうなので、できればモンチとたまと離してゴンと一対一で接していきたいけど、これだけ猫がいるとそれもちょっとできません。
ただ昨日はシッポを触らせてくれました。
シッポの先が少し曲がっている事を初めて知りました。
たまも先が少し曲がっています。
おんぢくんも曲がっているので父親譲りのようです。
それと”ゴン”と名前を呼んでこちらを向いて目と目が合った時に目をつぶるとゴンも目をつぶってくれる時がありました。
慣れていない子を家に入れた時にこのアイコンタクトをよくやって接していたので、少しずつは慣れてくれていると思うのでもう少し様子をみていこうと思います。
ただ触られるのが苦痛な子にはなって欲しくないです。

拍手[2回]

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
動画

gonta007 上の
最新コメント

[01/01 EJsox]
[06/18 みぃ]
[06/16 みぃ]
[06/06 みぃ]
[04/08 みぃ]
プロフィール

HN:
ごん太
性別:
男性
趣味:
登山&アウトドア、音楽、写真、昼寝
自己紹介:
気が付いたら猫が9匹住み着いてます。
2013年2月からブログ始めました。
それ以前の日付の記事は過去に遡って記録のため書きました。
ほとんど買い物したメモ代りのブログになると思います…
バーコード

カウンタ

ブログ内検索

P R