忍者ブログ
購入した物や日々のことなど書こうと思ったら、最近は猫日記になってきました… ~since2013~
たま通院と鳩その後…

前回の通院から二週間経過するので通院しました。
最近は鼻水がでる事がなく歯茎も赤みがなくなっていました。
診察してもらうと経過良好と言う事で、念のため再度注射を打ってもらい一旦治療は終了となりました。
たまだけワクチンを接種していないのでワクチンの事を相談すると、外へ出たりする事がないので毎年ワクチンを打たなくて良いとの事で、今年はワクチンは接種しない事にして来年様子を見て判断する事にしました。

・体重
 5.05kg
・診療代
 3,560円
 明細
 再診料 540円
 特殊注射料(インターフェロン)3,020円

向かって左の鼻に鼻くそが付いてます…

土曜日に預けた鳩はちょっとショッキングな事件になりました…
先生から飼い主には連絡がついて、この鳩はレース鳩だと判明。
昨年秋のレースに出場してその後消息不明になったようです。
飼い主は神奈川県在住の方で宅急便を手配するので送り返して下さいと言われたそうです。
宅急便と聞いてビックリしたけど、家に帰ってネットで調べると鳩を輸送する宅急便があるようです。
宅急便で驚いたところにさらに衝撃な事が…
なんと保護した鳩の目は両まぶたと言うか皮膚で目を覆い、糸で縫われて目が見えない状態になっていたようです。
腫れて見えない状態になっていると思ったら目を縫ってあったとは…
先生もビックリしたようで、速攻で抜糸して目を開けてあげ現在は見える状態になりました。
鳩を見たら目がパッチリと開いてとっても可愛らしい顔をしていました。
しかしなんで目を縫ったりするんでしょうか…
モヤモヤしたまま落ち着かなかったので『日本鳩レース協会』に電話して聞いてみました。
担当してくれた方もビックリしており、最近は帰還する鳩が少なくなり保護した方が虐待する場合もあるような事を言ってました。
目が見えない状態でも帰還するのか実験などしていないか聞いたところ、飼い主の方はまずそのような事はしないと思うとの事でした。
とくに最近は帰還する鳩が少ないので飼い主は大切にするはずだと再度言ってました。
先生は縫い方が手慣れた感じだったので飼い主かも…と言っていたけど実際はどうなんでしょうか。
人間は恐ろしい事しますね…

目には目を…ではないけど、物を言えない動物を虐待した人にはその動物が受けた虐待と同じ事を刑罰として科して欲しいと以前から思ってます。
先日イランで”目には目を”の刑があったようです。

今日は体調が悪く夕食後4回も吐いてしまいました。
単なる食い過ぎなのか?
そんな事で今日は早く寝ようと思います。
おやすみなさい。。。

拍手[3回]

PR
コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
動画

gonta007 上の
最新コメント

[01/01 EJsox]
[06/18 みぃ]
[06/16 みぃ]
[06/06 みぃ]
[04/08 みぃ]
プロフィール

HN:
ごん太
性別:
男性
趣味:
登山&アウトドア、音楽、写真、昼寝
自己紹介:
気が付いたら猫が9匹住み着いてます。
2013年2月からブログ始めました。
それ以前の日付の記事は過去に遡って記録のため書きました。
ほとんど買い物したメモ代りのブログになると思います…
バーコード

カウンタ

ブログ内検索

P R